NEWS

挿絵を描きました

小説推理8月号掲載の第三十九回小説推理新人賞奨励賞受賞作、
木江恭さん著「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」に挿絵を描きました。→ work⭐︎

挿絵のお仕事です

月刊ジェイ・ノベル4月号掲載の北区内田康夫ミステリー文学賞特別賞受賞作、
野上健司さん著「遠い約束」に挿絵を描きました。
20年後に掘り出したタイムカプセルで明らかになる友人の死の真相。
軽井沢の林の印象的なシーンを描きました。→ work⭐︎ 

装画を担当しました

『飛び込み台の女王』(マルティナ・ヴィルトナー 作 / 森川弘子 訳 / 岩波書店)の装画を担当しました。→ work⭐︎

2014年ドイツ児童文学受賞作。
スポーツエリート校で飛び込みの競技に打ち込む二人の少女の友情の変遷と成長を描いた作品です。
岩波書店の10代からの海外文学、スタンプブックスシリーズ最新作。 

挿絵を担当しています

小説推理2月号(双葉社)にて新連載の近藤史恵さん著「ときどき旅に出るカフェ」の挿絵を担当しています。
世界の珍しいスイーツを出すカフェを舞台にした日常ミステリー!
毎号2点の挿絵が掲載されます。
どうぞよろしくお願いします。→work⭐︎

挿絵を描きました⭐︎

月刊ジェイ・ノベル8月号(実業之日本社)掲載の読み切り小説、北上秋彦・著「事故の死角」に挿絵を描きました。→ work⭐︎
保険調査員が追う同僚の死の謎 !短編ミステリーです。

装画を担当しました☆

『僕と彼と彼女と』(ジャン=フィリップ・メニャン 著 茶谷桂子 訳 近代文藝社)の装画を描きました。→ work⭐︎
複雑な三角関係を軸にした、ミステリアスなフランスの恋愛小説です。